虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

解離の病気について

私の病気の1つに解離性障害があります


解離というのは、その場を切り抜けるために用いる一種の防衛手段で、

精神の一時的 ゛仮死状態 ゛だと以前の主治医が説明していました。


私の場合、瞬間的な解離から長い時間の解離までと色々ありました。


何の為の解離かというと、精神的や肉体的な苦痛を直接受けない為です。

場所を変えないでその場での逃避できます。


解離しているから記憶はありません、痛みもありません、音も聞こえません

自分が何か話した内容や書いたメモ覚えていません。



そうやって生き延びた後、解離脳が癖になり小さいストレスでも


ちょこちょこ仮死になります。


解離は脳が疲れるので基本はロングスリーパーです。


足元の怪我はあります。物も無くしやすいです。


皮膚の感覚も薄い時とそうでない時があったりで


現実と夢の区別が難しいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。