虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

虐待と虐めから逃げたら

28歳まで親と同居している間は


両親からの虐待、先生生徒からの虐めの攻撃に耐え続け


自分が可哀想な状況で生きる習慣を重ね


苦難こそが私の生きる道だと悟った時は


大きな光が見えて私は喜び 矛盾や


迷いが消えて安堵しました


謙遜が当たり前 美徳とした日本人そのものです



当時10年交際して長過ぎた春を終わらせようとした元旦那に


難病が認定されたのを知ると


大きな力で突き動かされたように


別れるのをやめて仕事も退職し結婚しました


実家とは縁を切り地元を離れ元旦那と元旦那の実家のある新天地へ


交際期間中は優しかった元旦那は入籍後に豹変してDVが始まりました


理不尽な相手との話し合いは


だるま落としみたいに身体の中央がスコーンと飛んでゆく体感でした


見事にすっぽ抜けて空洞化した心身で四年間 耐えましたが


その後 離婚を決意し別居します


頼るあてはないけれどペットのうさぎを守る為に必死でした



人間よりもペットが大事な家族になっていました

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。