虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

頻尿の苦しみと戦い

小学校の頃 母から


「貴方は腎臓が悪いからトイレが近いのよ」


「膀胱は腎臓の後ろのにあるのよ」


それ以前から母の私に向かってのトイレの過干渉は常軌を逸脱しており


私も逐一トイレに行く前には母に許可を得ていました


今このブログを書いている途中数えきれないくらいトイレに


行きました


母がトイレの扉を叩いて壊して開けるので


絶縁した今でも扉を開ける習性は残っています


無論 外では扉閉めます




その結果 今でも外出先のトイレを把握していないと買い物も困難であり


八百屋やスーパーに買い物に行く際には先ず


自宅のトイレで3回用を足す


玄関を出る途端に神経が膀胱に集中するらしく


一滴ぐらいしか出ないかもしれないが


膀胱が重く周囲を突き刺さす感覚に我慢ができなくなる


一番近くのパチンコ屋さん(パチンコ屋さんごめんなさい)で用を足す


それなりにお小水がある時と一滴の時がある



先ずは一息できた



八百屋さんにたどり着く途中のコンビニでトイレを借りる


コンビニはトイレがひとつしかないので


時々後に並んでいる人がいると焦ってしまい急ぐ


終わらせても最後の一滴を出していないようなので落ち着かなくなる


トイレから出たばかりなのに同じ場所でトイレを借りるのも


人がいない場合はよくやる


誰にも会いませんようにと神経すり減らしながら急いで入る


やっと八百屋さんに着いて買い物


疲れちゃって 頭も身体もふらふらだったり幽体離脱して


荷物が重く感じるし足元の感覚も薄いから足の指を意識して


スーパーに進む


スーパーの駐車場のトイレを借りる


買ったばかりの食材をトイレの個室に持ち込むのは 嫌だけど仕方がない


トイレ終わりスーパーに入った時 頭の部位が本体から離れて天井に脳が浮いているみたいになるが


気合いで続行だ


なにを買うのか決めるのが難しいけど


もう適当のやけくそになってでも任務を遂行させることを優先させて


最小限の行動で買い物を終わらせてもないと


またトイレに行きたくなっても 八百屋とスーパーの荷物が目立って


パチンコ屋さんに入る勇気がない


家に到着したら 放心状態です


勿論最初にトイレに行きました


疲れて脳がキーンとうなって頭の周りが小鳥さんが飛んでいます


バラバラになった脳みそをひとつに戻るのを時間をかけて


夜までには戻りますように


横になりました


これでも回復傾向で トイレと布団の中しか動かない10年間もありました



社会に出る道のりは遠すぎる



生きているだけで奇跡なんだけど

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。