虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

性的虐待ですか?

私は小学校の3年生



身体は平均より2年ぐらい早い第二次性徴期をむかえて


乳房の変化もあった


この変化は女子の皆と一緒でなく


私と一部の背の大きい女の子だけにあった


背が低いのに痛くなるなんてと私は当時は相当 戸惑ったと思う


敏感になった乳房の痛みをこらえながら


着替えも胸が見えないようにと細心の注意をはらった


服の上からふくらみが目立たないように背骨を曲げて服の前だけ引っ張り伸ばし


元々人の顔を見ないように下を向いて歩いていたが


今まで以上に人目を気にしながらの


目立たないように気を使う生活へと辛く追い詰められた矢先の出来事だ





私は昼間っから自宅のお風呂に入っていた



第二次性徴が始まっても小学生3年の私はまだ子供だ


裸にしたリカちゃん人形と一緒に湯船に入っていた


そこに外から3歳年下の弟と弟の友達数人が私の家に遊びにやって来る


母親は友達を部屋に迎えて彼らはリビングで遊び始めた


そんな時に


母親は私に優しく言った



「○子ちゃ〜ん お風呂からでなさい」



当時の古い家は脱衣所がない


弟と弟の友達が遊んでいるリビングに私は対面してしまう構造でした


私は子供でも裸を見られるのが恥ずかしかったし


恥ずかしがっていると思っているのも知られたくなかった


私は母に


「まだおもちゃで遊んでいる」


と言い張り 湯船から出るのを拒んだ


何回そんなやり取りがあったかは正確に覚えていないが


母親は


「みんな心配しているわよ」


「風邪引いちゃうから早くお風呂から出なさい」


弟の友達三、四人をお風呂場の入り口に立たせた


彼らは私を不思議そうに横に並んで見ていた


後ろから母親は


「どうしちゃったかしら 30分も出てこないわ〜」


と私を心配している声がする

みんなが私を待っている


玄関の方から母が弟と友達に話している声が聞こえた


「みんながいると出られないから外で遊んでね」


私は水風呂から出た


恥ずかしいと感じていた私がいけないんだと


罪の意識で一杯だった


消えたかった




当時は母親は悪くないと思っていたけど


私へのお風呂嫌がらせは暴力的になります

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。