虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

狂った母親

覚えています。



私の人生初の憂鬱なメンスが始まった日の夜の出来事を


母親からのメンスの講義は終わり、、、。


混沌とした時間が過ぎた



恐ろしい父親が診療所から自宅に帰宅して



怒鳴り声をあげた。



理由は夕飯の支度が出来ていなかったから。


帰宅後に食事の支度が出来ていないとか


部屋が片付いていないなどの理由で


父親は怒鳴り声をあげて殴るのはしょっちゅうだ。



父の激昂と同時に居間の空気が激しく波打った


私自身もジェットコースターに乗って天井に向かって


ブワッと飛ぶ瞬間に



母はいたずらっ子のような言い方で


「A子メンスになったのよ」

呟いた



魔法のようなその言葉は父親の激昂をピタリと止めた


どんな手段を使っても父の恐怖からは逃れたいのはよく分かる


父親の怒りを向けられた相手は、命を失うかも知れない恐怖感を味わうから



しかし私の醜いメンスが異性の父に知れて


私の気持ちは屈辱感でいっぱいになり


その後、私の身体はジェットコースターから降りてゆるやかに天井に登りながら消えて


記憶も失っていたようだった。



お母さん酷い

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。