虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

私の神様は

私は小学校で虐められていました


先生


生徒


保護者


慢性化した虐めに慣れて麻痺していました部分もありますが



私を無視している人に対しては


おおらかな人だと思っていた


しかしその人達からも


何故か虐められ


悲しくなってその人達の写真を燃やして


私の中で消そうとしました


自宅の庭は時々枯葉やゴミをを燃やしていたので


その上に写真を乗せて



火を付けました



写真の顔の部分が燃えた時 偶然に



雨が降り始めて火が消えました



ああ 私は悪い事をしてはいけないんだ


私の方から人に対して悪い事をしてはいけないんだと


神様は見ているんだ


小学生の私はうなだれました

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。