虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

俺 外科医になる

母が病院のベットに横たわっているのを


父と私 2人で見つめていた


父は母に向かって


「俺 生まれ変わったら外科医になる」


「歯医者なんか嫌だ何もできない」


と言った


キラキラして将来の夢を語る小学生と変わらない表情を


50代の父がやっていたのが


何だか初々しくて いじらしかった


母もニコニコ聞いていたので


私は今が生きてて一番幸せな瞬間なんだ


それ以外の人生はおまけなんだと


深く心に刻みつけた



私は家族が幸せなのが好きなんだな


病院内では父が怒鳴らないし


例え殴られて怪我しても


救急病院だからなんとか延命処置してくれそうだ


今が感動的な瞬間でもう来ないんだ






異常事態の連続の中のつかの間の休息だった




今 思うに



原家族はお互いの意思の疎通が難しい


いくつかの精神疾患抱えて自覚がないままの共依存


という


どうしようもない状態でした

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。