虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

お風呂

実家でお風呂にゆっくり入った事がありませんでした。


水道代など私にお金をかけたくないというのもあります


お風呂から無理やり引きずり出されました。


お父さんが仕事から帰って来た時、丁度入浴中だったので


母が「早く!」


風呂の扉を叩くのですが、私の身体は泡だらけ


気がついたら風呂の外に放り出されて階段の踊り場にいました。


もうお風呂に入るのは嫌だ


しかし別の日は「早く入れ!」怒鳴られます。


湯船の水は足が浸かるくらいの量しか知らなかった。


水を使わないようにして、


異常なくらいケチのせいで私は不潔になっていました


頭もベタベタしてフケだらけ手もブツブツ

痒い


学校の皆から私だけ机を離されていました。


菌が移るからと言われて

ゴミを投げられたり、唾を飛ばされたりの毎日で先生からも

嫌われて容姿を貶されました。


泣いたら、泣きおかめって言われました。


鼻水のクスン音に合せて音楽先生が指揮者の棒を振り回し演奏の合図が始まります。


この現状に耐えられなかったので、記憶が飛ぶ事が多かった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。