虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

心不全

前回のブログの続きの話



母親が除脈となって心不全



救急車で搬送され入院している時



先生は心臓ペースメーカー植込み手術をしないと



心停止になり死にます



と言ってるのに



母親は手術を拒む



父親からのDV被害で普段の母親は


意思表示がゼロなのに

(私にストーカーする時だけ自ら行動してたそれ以外は無)


何故 今 ここで主張するの?


私も母に手術しないのと聞いても母は上の空で


空を見つめて私の存在に気がつかないようになったりしていました



父親が


いつものように従えって当然のように母に怒鳴ると思いきや


本人の意思を尊重すると言いやがった


普段は問答無用で従わせているのに


何 その態度 別人だよ!


病院も強制手術しなかった


途中 精神科の病棟に移る話が出たけど何故か消えた


死んでも手術したくないので退院した


当時の私の理解を超えていたが


これは


母なりの自殺のやり方だったと今は思う

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。