虐待を受けて解離性障害になった私のブログ

悲惨な運命を生き壊れた女の話

歯医者になっても女は仕事させない常識

私が高校の時でしょうか


「お父さんは歯がないのよと」


母が小鳥がさえずりのようにリズミカルに言った


私の背筋が凍る



そういえば



父は出勤前、毎日トイレで吐いていた


私が小学校の時に気が付いたと思う


父が苦しそうにトイレで吐く姿を見るに耐えないので


直ぐに場所を移動した


吐いている事実を母に言ったら



「お父さんは診療所に行く前は緊張しているのよ」


「緊張で吐くのよ」



そんなようなことを言った記憶がある


お父さんの歯の治療はお母さんが自宅でやっていた


リビングの部屋が強いライトで光っている


時々お父さんの相変わらずの怒鳴り声がしている


お母さんはどんな思いで治療していたのだろうか


大学を卒業して1年だけ大学病院で仕事をしていた



母は「この仕事をする為に生まれてきたと思えた」


「体が軽くなって頭が働き手足が動くのよ」


そのように私に話していた


仕事をしたいのにできないのが辛そうな毎日を


家事をするのは苦しいと、日中みのむしのように丸く動かない母


2人とも辛そうにしている姿は、私の心をむしりとります

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。